資料::老舗の採択

ビブロス(現・リブレ出版)が自社出版物の表紙キャッチコピーとして
“BOYS LOVE”を採択したのはかなり遅い。
確認出来る限りでは『magazine BE×BOY』2002年1月号に初めて
“夢見るBOYS LOVEマガジン★”のキャッチコピーが踊った。

因みにマガジン・マガジン(現ジュネット)から雑誌『Boy’s LOVE』が
創刊されたのは2004年9月の事。
創刊当時の誌名は『it’s BOY’s LOVE!』。現行の誌名になったのは
2005年6月号以降。

広告

ぶどううり・くすこ について

短俳川狂都都逸朗詠時は『笑能子』の号を用いる。 普段は「ぶどううり・くすこ」として活動。 名義は「葡萄瓜XQO」表記も有
カテゴリー: BL資料, BL史 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中